Planck Keyboardというキーボード組み立てキットを今年はじめにMassdropというサイトで購入しました。6月ごろに受け取ったまま放置していたのですが、この度ようやく組み立てることができました。

Planck Keyboardとは?

OLKBプロジェクトが開発するOrtholinear Keyboard(キーの配列が格子状になっているキーボード)のひとつです。完成品として販売されることはほとんどなく、OLKBのサイトからパーツを購入するか、Massdropなどの共同購入サイトで全部入りの組み立てキットとして入手します。私はMassdropからキットを購入しましたが、共同購入というサイトの性質上、購入できるタイミングは限られています。

48キーという最小限のキー数で構成され、フットプリントも非常にコンパクトなキーボードです。本来であればキー数が明らかに足りませんが、LowerキーとRaiseキーというふたつの特殊キーとの組み合わせで様々なキーの入力を行います。

非常にコンパクトなPlanck Keyboard

また、ファームウェア(qmk_firmware)をカスタマイズすることでユーザーが自由自在にキーマッピングをいじることができます。

Planckを購入したわけ

私はもともと東プレの静電容量式キーボード「RealForce」の荷重30gモデルを利用していました。非常に軽いキータッチで入力でき、手の疲れを軽減できるナイスなキーボードなのですが、なにせデカく、そして重く、外に持ち出すには無理のあるサイズ感でした。本当はHappyHackingKeyboardで荷重30gのモデルがあれば最高なのですが、残念ながらHHKBは荷重45gどまりです。

そこで目をつけたのが、荷重35gというCherryMX互換のメカニカルキースイッチ「Gateron Clear」でした。このスイッチを採用したコンパクトなメカニカルキーボードがあれば理想に近いのではと考えたわけです。

しかし、国内を見渡してもGateron Clearを採用したコンパクトなキーボードは皆無です。仕方なく海外サイトを彷徨ううちにたどり着いたのがPlanckでした。Planckは非常にコンパクト、かつ組み立て式という性質上、自分の好きなキースイッチを選択することができるからです。

Planckを購入する

前述のとおり、Planckは完成品ではないため、自分でパーツを揃え、組み立てる必要があります。といっても必要なパーツは、PCB(基板)、キースイッチ、キーキャップ、外装となるケースといったところです。

私はMassdropでこちらの組み立てキットを購入しました。いくつかのパーツの組み合わせを選択できますが、私は

  • Green アルミニウムケース
  • Gateron Clear スイッチ
  • Beige キーキャップ

などを選択しました。PlanckのPCBはいくつかのバージョンがあるようですが、届いたのはv4でした。

また、組み立てには半田付けが必要なので、半田ごて一式が必要となります。

注文したのは2018年1月で納期は5月でしたが、PCBの調達遅れで発送は6月下旬まで遅れ、実際に手元に届いたのは7月中旬でした。まあ、海外発送の共同購入サイトなのでそういうこともあるだろうということで。

Planckの組み立てとセットアップ

Planckの組み立て方はこちらの記事が詳しく、参考にさせていただきました。

世界最小級のキーボード The Planck Keyboard を作ってみた

下の写真は実際に組み立て終わったものです。

Planck Keyboard

このままの状態でも使用できますが、デフォルトのキー配置は日本語切り替えキーも設定されていません。そこで、qmk_firmwareでキーマッピングを設定してみました。

私はmacOSユーザーなので、qmk_firmwareのセットアップ方法は下記のブログ記事を参考にさせていただきました。

PlanckキーボードをMacでカスタマイズしてみよう。 <導入編>

ただ、記事ではkeymap.cのみを新しいキーマップのディレクトリにコピーしていますが、実際はフォルダの中身丸ごとコピーした方が良いようです。また、最後のmakeの部分はqmk_firmwareの仕様が変わっており、下記のようになりました。

qmk_firmware> make planck/rev4:YOURKEYMAPDIR:dfu

キーマップはとりあえず下記のようにしてみました。が、使っているうちにどんどん変えていくかなと思います。

/* Qwerty
 * ,-----------------------------------------------------------------------------------.
 * | Esc  |   Q  |   W  |   E  |   R  |   T  |   Y  |   U  |   I  |   O  |   P  | Bksp |
 * |------+------+------+------+------+-------------+------+------+------+------+------|
 * | Ctrl |   A  |   S  |   D  |   F  |   G  |   H  |   J  |   K  |   L  |   ;  |  "   |
 * |------+------+------+------+------+------|------+------+------+------+------+------|
 * | Shift|   Z  |   X  |   C  |   V  |   B  |   N  |   M  |   ,  |   .  |   /  |Enter |
 * |------+------+------+------+------+------+------+------+------+------+------+------|
 * | Tab  | Ctrl | Alt  | GUI  |Lower(英数)| Space |Raise(かな)| Left | Down | Up |Right|
 * `-----------------------------------------------------------------------------------'
 */
[_QWERTY] = LAYOUT_planck_grid(
    KC_ESC,  KC_Q,    KC_W,    KC_E,    KC_R,    KC_T,    KC_Y,    KC_U,    KC_I,    KC_O,    KC_P,    KC_BSPC,
    KC_LCTL,  KC_A,    KC_S,    KC_D,    KC_F,    KC_G,    KC_H,    KC_J,    KC_K,    KC_L,    KC_SCLN, KC_QUOT,
    KC_LSFT, KC_Z,    KC_X,    KC_C,    KC_V,    KC_B,    KC_N,    KC_M,    KC_COMM, KC_DOT,  KC_SLSH, KC_ENT ,
    KC_TAB, KC_LCTL, KC_LALT, KC_LGUI, LT(_LOWER,KC_LANG2),   KC_SPC,  KC_SPC,  LT(_RAISE,KC_LANG1),   KC_LEFT, KC_DOWN, KC_UP,   KC_RGHT
),

/* Lower
 * ,-----------------------------------------------------------------------------------.
 * |   ~  |   !  |   @  |   #  |   $  |   %  |   ^  |   &  |   *  |   (  |   )  | Bksp |
 * |------+------+------+------+------+-------------+------+------+------+------+------|
 * | Del  |  F1  |  F2  |  F3  |  F4  |  F5  | Left | Down |  Up  |Right |   {  |   }  |
 * |------+------+------+------+------+------|------+------+------+------+------+------|
 * |      |  F7  |  F8  |  F9  |  F10 |  F11 |  F12 |ISO ~ |ISO | | Home | End  |      |
 * |------+------+------+------+------+------+------+------+------+------+------+------|
 * |      |      |      |      |      |             |      | Next | Vol- | Vol+ | Play |
 * `-----------------------------------------------------------------------------------'
 */
[_LOWER] = LAYOUT_planck_grid(
    KC_TILD, KC_EXLM, KC_AT,   KC_HASH, KC_DLR,  KC_PERC, KC_CIRC, KC_AMPR,    KC_ASTR,    KC_LPRN, KC_RPRN, KC_BSPC,
    KC_DEL,  KC_F1,   KC_F2,   KC_F3,   KC_F4,   KC_F5,   KC_LEFT, KC_DOWN, KC_UP,   KC_RGHT, KC_LCBR,   KC_RCBR,
    _______, KC_F7,   KC_F8,   KC_F9,   KC_F10,  KC_F11,  KC_F12,  S(KC_NUHS), S(KC_NUBS), KC_HOME, KC_END,  _______,
    _______, _______, _______, _______, _______, _______, _______, _______,    KC_MNXT,    KC_VOLD, KC_VOLU, KC_MPLY
),

/* Raise
 * ,-----------------------------------------------------------------------------------.
 * |   `  |   1  |   2  |   3  |   4  |   5  |   6  |   7  |   8  |   9  |   0  | Bksp |
 * |------+------+------+------+------+-------------+------+------+------+------+------|
 * | Del  |  |   |   {  |   }  |   _  |   +  |  F6  |   -  |   =  |   [  |   ]  |  \   |
 * |------+------+------+------+------+------|------+------+------+------+------+------|
 * |      |  F7  |  F8  |  F9  |  F10 |  F11 |  F12 |ISO # |ISO / |Pg Up |Pg Dn |      |
 * |------+------+------+------+------+------+------+------+------+------+------+------|
 * |      |      |      |      |      |             |      | Next | Vol- | Vol+ | Play |
 * `-----------------------------------------------------------------------------------'
 */
[_RAISE] = LAYOUT_planck_grid(
    KC_GRV,  KC_1,    KC_2,    KC_3,    KC_4,    KC_5,    KC_6,    KC_7,    KC_8,    KC_9,    KC_0,    KC_BSPC,
    KC_DEL,  KC_PIPE,   KC_LCBR,   KC_RCBR,   KC_UNDS,    KC_PLUS,   KC_F6,   KC_MINS, KC_EQL,  KC_LBRC, KC_RBRC, KC_BSLS,
    _______, KC_F7,   KC_F8,   KC_F9,   KC_F10,  KC_F11,  KC_F12,  KC_NUHS, KC_NUBS, KC_PGUP, KC_PGDN, _______,
    _______, _______, _______, _______, _______, _______, _______, _______, KC_MNXT, KC_VOLD, KC_VOLU, KC_MPLY
),

使ってみた感想

まだキー配置を詰めきれていないところもあり、誤タイピングはかなりありますが、最大の懸案だった「格子配列」に関しては、意外に違和感がないかな、という気がしています。慣れればかなり快適にタイピングできそうです。また、Gateron Clearの軽いキータッチは、やはり手への負担が少なく、いい感じです。